ディスカバリー・エデュケーションとは? Tips & Tricks

Greg Peters 30-09-2023
Greg Peters

Discovery Educationは、STEMから英語、歴史に至るまで、膨大な数のビデオ、バーチャル遠足、レッスンプラン、その他のインタラクティブな教材を提供するEdtechプラットフォームです。

ディスカバリー・エデュケーションは、ディスカバリー社のインスピレーションのもと、100以上の国と地域に住む450万人の教育関係者と4500万人の生徒を対象にしています。

Discovery EducationのCurriculum, Instruction, and Student Engagement担当上級副社長であるLance Rougeuxが、Discovery Educationのプラットフォームについて説明し、その最も人気のある機能を紹介しています。

ディスカバリー・エデュケーションとは?

Discovery Educationは、教育者や学生に、さまざまなビデオコンテンツ、レッスンプラン、クイズ作成機能、バーチャルラボやインタラクティブなシミュレーションを含むその他の標準に沿った教育ツールを提供するマルチメディアプラットフォームです。

ディスカバリー・エデュケーションは、教育用ビデオのストリーミングサービスとして始まりましたが、過去20年間の教師のフィードバックに基づき、プラットフォームはそれ以上に拡大したとルジューは言います。 毎年、何百ものPDイベントを開催していますが、現場の教育者からはいつも同じ話を聞きます。「教師は、『あのビデオが好きだ、あのメディアが好きだ、これをどうすればいいのか』と。ルージュは、「私たちはすぐに進化し始めましたが、その大きな理由のひとつは、先生方のコミュニティーにあります」と言います。

この進化により、ディスカバリー・エデュケーションは、ビデオを補完する、あるいは単独で使用できるレッスンプランとアクティビティ、さらに生徒や教育者がコンテンツを作成し、ニーズに合わせてカスタマイズできる、より深い没入型の体験を提供するようになりました。

もちろん、ディスカバリー・エデュケーションが提供するコンテンツには動画が欠かせません。 このコンテンツは、ディスカバリー・エデュケーションとNASA、NBA、MLBなど、さまざまなパートナーによって作成されています。

また、Discovery Educationでは、100以上のフィールドトリップや数千の教育アクティビティが用意されており、教育者はビデオ内にクイズやアンケートを埋め込んだり、あらかじめ用意されたビデオやクイズのテンプレートから選択することができます。

ディスカバリー・エデュケーションの仕組みとは?

Discovery Educationでは、先生方専用のランディングページが用意されています。 このページでは、教科活動の種類や学年などに応じてコンテンツを検索することができます。 また、先生方がこれまでに利用したコンテンツに基づいて、パーソナライズされた提案を受けることもできます。

また、教育関係者は「ニュース・時事問題」「バーチャル遠足」「細胞」などのチャンネルに登録し、その分野のキュレーションコンテンツを特定の学年ごとに整理したランディングページを提供することができます。

使いたいコンテンツが見つかったら、それを各講師のニーズに合わせてカスタマイズできるように設計されています。 ルージュは、このカスタマイズ機能は、ユーザーからのフィードバックに基づいてシステムに組み込まれたと言います。「レッスンやアクティビティ、課題を編集できるようにパッケージ化してもらえないか」とルージュは教育関係者からよく聞かれたと言います。「やはり編集機能は欲しい。私の芸術性はともかく、そこに80%到達させることができれば、それは本当に大きな付加価値となります』」。

関連項目: タンジェンシャル・ラーニングによるK-12学生への指導方法

ディスカバリー・エデュケーションの人気機能とは?

ディスカバリー・エデュケーションでは、パンデミックの発生以降、人気が高まっている様々なツールを紹介しています。 その一つが、バーチャルチョイスボードです。これは、短いビデオと複数の選択肢を備えたインタラクティブなスライドを使って、学生が自分のペースでトピックを探求できるようにするものです。

この機能のバリエーションとして、このプラットフォームで最も人気のある機能の1つとなっているのが、「Daily Fix It」です。

また、バーチャルラボやインタラクティブなシミュレーションなど、インタラクティブなコンテンツも提供しています。

また、あらかじめ用意されたクイズや投票を選択したり、独自の問題や投票を動画コンテンツに埋め込むことができる「クイズ機能」も、このプラットフォームの新機能の中で最も人気のあるもののひとつです。

ディスカバリー・エデュケーションの費用はいくらですか?

ディスカバリーエデュケーションの定価は 1棟あたり4,000ドル ただし、この料金には、大規模な国家契約などによる変動があります。

Discovery Educationは、ESSERの資金で購入することができ、プラットフォームがまとめた ESSERの支出ガイド 学校関係者向け

Discovery Education Best Tips and Tricks

差別化のためのインタラクティブツール

ディスカバリーのインタラクティブなツールの多くは、トピックに追いつくため、あるいはより深く学ぶために、学生一人ひとりに割り当てられる。 例えば、ルージュは、多くの教育者が、他の授業の課題を早く終わらせた学生にバーチャル修学旅行を割り当てると言っている。

授業でチョイスボードを一斉に使用する

チョイスボードは、生徒が個人的に使うこともできますが、多くの教育関係者は、クラスで行うのも楽しいと言います。 各生徒がどの選択肢を選ぶか投票することで、生徒の関心を高めることができます。

ディスカバリー・エデュケーションの月間カレンダーは、アクティビティ選びの参考になる

ディスカバリー・エデュケーションでは、毎月学年別にアクティビティカレンダーを作成しています。 これらのアクティビティは、教育関係者が時期によってどのような授業を求めているかというデータの蓄積に基づいています。 例えば、最近では、この時期によく取り上げられる「エネルギー伝達」の授業が提案されています。

関連項目: GooseChase:その概要と教育関係者の活用法 Tips & Tricks

"それから、タイムリーなイベント、休日、祝祭日に基づいたコンテンツも配信しています "とルージュは言います。

  • ディスカバリー・エデュケーションのSandbox ARが明かす、学校におけるARの将来性
  • 機械学習は教育にどのような影響を及ぼしているか

Greg Peters

グレッグ・ピーターズは経験豊富な教育者であり、教育分野の変革を熱心に提唱しています。教師、管理者、コンサルタントとして 20 年以上の経験を持つグレッグは、教育者や学校があらゆる年齢の生徒の学習成果を向上させる革新的な方法を見つけるのを支援することにキャリアを捧げてきました。人気ブログ「TOOLS &」の著者として、教育を変革するためのアイデア グレッグは、テクノロジーの活用から個人化された学習の促進、教室でのイノベーションの文化の育成まで、幅広いトピックに関する洞察と専門知識を共有します。彼は教育に対する創造的かつ実践的なアプローチで知られており、彼のブログは世界中の教育者にとって頼りになるリソースとなっています。グレッグはブロガーとしての仕事に加えて、講演者およびコンサルタントとしても人気があり、学校や組織と協力して効果的な教育イニシアチブを開発および実施しています。彼は教育学の修士号を取得しており、複数の科目分野の認定教師です。グレッグは、すべての学生の教育を改善し、教育者が地域社会に真の変化をもたらすことができるようにすることに尽力しています。